改正労働安全衛生法に基づき、平成27年12月1日から、ストレスチェックの実施が事業者に義務付けられます(労働者50人以上の事業場)。

・事業者は1年以内に1回、調査票を用いて医師等による労働者のストレスチェックを行います。
・結果は本人のみに通知され、本人の同意なく事業者へ提供されることは禁止されています。
・必要と認められた労働者から申し出があった場合、医師による面接指導を行います。
・ストレスチェックと面接指導の実施状況を、1年以内ごとに1回、労働基準監督所に報告する必要があります。

実施マニュアルやリーフレットが公開されていますので参考にご覧になって下さい。

 http://kokoro.mhlw.go.jp/etc/kaiseianeihou.html