厚生労働省は、先月(平成27年6月)から、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組んでいる企業を優良企業として認定・公表する制度がスタートしています。

企業も求職者や取引先などへのアピールに活用することが期待されており、求職者も安全・健康な職場で働くことを選択することができますし、認定された企業はシンボルマークを使用して、企業のイメージ向上にもつながります。 

サイトでは自己診断もできるようになっており、人手不足と言われている建設業などの業種は積極的に活用するところが増えていくといいですね。 


 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000075611.html