厚生労働省は8月29日、

国民年金保険法施行規則の一部を改正し、

国民年金保険料の全額免除、

学生納付特例、

納付猶予の手続きを見直し、

10月1日から施行しました。


これらの手続きでは、

申請者等の前年の所得が、

一定額以下であることが要件となっているため、

申請書に所得を証明する書類の添付が必要ですが、

今回の見直しで、

住民税の申告義務がない人からの申請の場合は、

前年の所得が一定額を超えない旨

申告書(所得の申立書)を添付することで、

所得を証明する書類の添付は不要としました。


なお、

厚労省はこうした見直しを受け、

国民年金市町村事務処理基準など、

関係通知も見直しています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━