「ワーク・ライフ・バランス」に関する意識調査を、

内閣府が実施しました。

この意識調査から、

「労働時間が長い人ほど、残業することで上司からプラスに評価されている」

このように思う人が多いことが判りました。


調査では、

「残業している人にどのようなイメージを持っているか」

という質問に対し、

労働者が自分自身について、

あるいは上司の立場で想定して回答させるもので、

「頑張っている人」と答えたのは、

1日の労働時間が・・・
  • 12時間以上の人で53%、
  • 10時間未満の人で38%
でした。


また、「責任感が強い人」と答えたのは、

1日の労働時間が・・・
  • 12時間以上の人で39%
  • 10時間未満の人で30%
となるなど、

長時間労働の状況は、

労働者が抱く上司の意識にも関連付けられると分析しています。 

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら


D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/


D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━