厚生労働省は9月19日、

「平成24年労働者健康状況調査」の結果を、

公表しました。


平成23年11月から24年10月までに、

メンタルヘルス不調で連続1ヶ月以上休業

または退職した労働者がいる事業所の割合は、

8.1%(23年調査9.0%)
となります。

そのうち、

職場復帰した労働者がいる割合は、

55.0%(同53.8%)でした。

また、

メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所の割合は、

47.2%(同43.6%)で、

300人以上の規模の事業所では9割を超えていました。


具体的な取り組み内容(複数回答)は

]働者への教育研修・情報提供が46.7%で最も多く、

管理監督者への教育研修・情報提供が44.7%、

社内のメンタルヘルスケア窓口設置が41.0%
でした。


厚生労働省HP



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━