『入社後の悩みを軽減する機会

 
充実した入社前研修を実施したとしても、

入社日は期待と不安でいっぱいです。

そんな新入社員の不安を少しでも軽減し、

潜在能力を上手に引き出すには、

どのような対策が考えられるでしょうか。


勘どころシリーズ「入社前研修」8-1

勘どころシリーズ「入社前研修」8-2

新入社員は、

入社後1〜3ヶ月以内に壁にぶつかり、

悩みを抱えることが多いようです。

主なものは上図 銑です。

研修担当者は、

これらを意識したフォローアップができるよう、

研修内容を検討することになります。



勘どころシリーズ「入社前研修」8-3

研修の目的が不明確だった場合、

研修の必要性に疑問を抱き、

会社と新入社員の間で、

意識のギャップが発生しがちです。

これを防ぐべく、

上図に挙げた対策を、

研修に盛り込むことが効果的です。



勘どころシリーズ「入社前研修」8-4


優れた経営理念に感銘を受け、

入社を決心した新入社員も大勢いると思います。

しかし、

現実が経営理念と同様だとは限りません。

理想と現実のギャップを知ってもらうために、

理想論だけではなく、

業務の実態をみせることも大切です。

世代が近い先輩に、

現実の悩みや仕事上のエピソードなどを語ってもらうことは、

とても効果的です。



勘どころシリーズ「入社前研修」8-5

入社前研修で、

期待の大きさを強調し過ぎると、

内定者の自信が揺らぎかねません。

即戦力を求めているのでなければ、

徐々に成長してもらいことを伝え、

心の余裕を与えてあげましょう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━