変形労働時間制


導入されている方いらっしゃいますか?

ある程度の内容・仕組みを把握なさっていますか?

不安を覚える方は、

是非とも以下に記した内容及び簡単な例を、

ご一読頂ければと思います。

※1ヶ月の変更労働時間制


まずは、

変形労働時間制」の原則を、

おさえて頂きたいと思います。

労働基準法に則ると、
 
労働時間は、

1週間40時間を超えてはいけません。

そして、

40時間を各日に振り分けるのであれば、

「最大8時間ですよ」ということです。
 
まず最初に「1週間に40時間」があり、

次に「8時間」がある、

この順序」が重要です。
 
1週間に40時間」は守るけど、

日によって

8時間を超える」又は「未満となる」、

これが「変形労働時間制」です。


 
変形労働時間制」は、

1ヶ月を平均して、

1週間40時間を超えることがない。

これを適切に運用すれば、

残業代が発生しないという制度です。


 
8時間を超えると残業代をもらえる」という、

断片的知識がある。
 
これについて、

従業員様から問い合わせを頂くことが

あると思います。
 
管理者様は、

これに対して回答できる準備をしておくことが、

望ましいです。

例)
   月 火  水  木  金  合計 
 1週目   10.0[h]  10.0[h]   10.0[h]   8.0[h]   8.0[h]  46.0[h] 
 2週目   8.0[h]   8.0[h]   6.0[h]   6.0[h]   6.0[h]  34.0[h] 
※簡略化のため2週間で説明しています。

1週目は8時間を超える日が3日ありますが、

2週目との平均をとれば、

週40時間以内に収まっています。

このように、

適切に変形労働時間制を運用すれば、

残業代を払う必要はありません

職員様で「変形労働時間制」を理解している方は少なく、

誤った考えを抱いている場合が少なくありません。
 

 
変更労働時間制」の運用は、

総務・人事部などの他部門が司るとしても、

ある程度の内容を、

管理者様が認識しておくべきと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━