今年の8月から、

某システムを事務所に導入、

運用を開始しました。



全機能を使えるようになる、

それらの利便性を実感する、

業務効率を上げる、

などなど...

様々な目指すところがあります。

しかし、

簡単に達成できるはずがなく、

試行錯誤の連続です。



初歩的ではありますが、

スタッフ全員が毎日「使う」こと。

簡単なようで難しい。

ログイン・ログアウト、

これらをモニタリングする仕組みを使い、

8月〜10月中旬までの集計をとると...

「定着化している」とは言い難い状況でした。



感覚的には、

その状況を把握していました。

しかし、

その感覚的なものを告知したところで、

反応・効果は期待薄です。

 推進者「皆さん、もっと使うようにして下さい!」

 スタッフ「はい!」

恐らく、

数か月後、

同じことを繰り返していることでしょう。

このサイクルに陥らないためには、

「定性的」な評価ではなく、

「定量的」な評価であるべきだと思います。



今回、

ログイン・ログアウト率を取り、

定量化を実現しました。

現状把握がより正確に可能となり、

次の目標も定量化しやすくなりました。

基準が定められたことで、

具体的行動も考えやすくなりました。



利用率10%向上(10月中旬〜12月末)、

これが今回の目標値です。

具体的には、

「各自がログインする回数を1週間あたり1日増やす」です。

文面にしてみると非常に簡単。

達成できそうな目標ですが...

この報告は、

年末・年始あたりにします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━