先日、

是正勧告対応に際し、

担当監督官と立ち話をしました。

ずばり、

どこをマークしているか」です。

その回答として、

以下3つをあげて下さいました。


監督官のお話
 その1
 精神障害が起きやすい業種をピックアップして、
 定期調査をしている。
 例.ITなどの拘束時間が長い業種など 
 
 その2
 上記同様、
 長時間労働年休等の体制を、
 重点的に見るようにしている。
 
 その3
 有機溶剤等を使用する塗装業へは、
 10年程前から定期的調査をしている。
 ※設備を整えるだけで健康障害が回避できるとのこと。
 


より頻繁かつ細かくなってきている立ち入り調査。

是正勧告」を受けないために、

職場で対策できることは何なのでしょうか。

弊社では、

この問いに応えるセミナーを、

今秋開催致します。

また、

個別相談会の開催も予定しています。

無料です!


ご興味のある方は、

下記リンク(※先日ご紹介したブログ記事)をご覧下さい。
 http://www.d-produce.net/archives/51811419.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━