厚生労働省は
621日、フレクッスタイム制を実施している事業場が

7月から9月に節電対策のため休日を土日から平日へ変更した場合における
時間外労働の計算方法の取り扱いについてつうちを発出しました。

休日を変更し、特定期間の休日数が週
2日を下回っても以下の2つの場合は
特定期間の労働時間が法定労働時間を超えてもよいとしました。


     節電のため休日のいずれか、または双方を平日に変更する

     変更で変更期間中の休日の総数が減少しない
 

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014uzs-att/2r9852000001ecji.pdf



なお、厚生労働省は5月31日にも、今年7月から9月を対象期間に含む
変形労働時間制の実施が節電対策で著しく困難になる場合、
「7月から9月までの期間で労働日数や時間数を変えずに
労働日や時間の配分を変更する」など
4つの対応について、
労働組合等との合意で変更や解約できる特例を設けました。



詳しくは⇒

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001e6aa-att/2r9852000001ecix.pdf



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら
⇒ http://www.d-produce.com/

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━