健康保険では、被保険者や被扶養者である家族が出産した際には「(家族)出産育児一時金」として、42万円(一定の場合には39万円)が支給されます。

平成23年4月以降、「出産育児一時金」直接支払制度への対応が困難と考えられる小規模施設で出産される場合において、受取代理制度の仕組みが制度化されましたのでお知らせします。

■ 「出産育児金」受取代理制度とは?

協会けんぽに出産育児一時金の支給申請を行う際、医療機関等(※)にその受取を委任することにより、医療機関等(※)に直接出産育児一時金が支払われる制度です。

窓口での支払いは出産育児一時金を超えた金額で済みますので、出産費用に要する窓口での負担が軽減されます。

なお、この制度を利用するためには事前に申請手続きを行う必要があります。

※この制度の対象となる医療機関等は、年間の平均出産取扱い件数が100件以下の診療所等の小規模施設となりますので、あらかじめ出産予定の医療機関等にご確認ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら
⇒ http://www.d-produce.com/

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━