おはようございます、社会保険労務士の飯田です。

本日は、先日開催した 横浜市のつばさ保育園様への「人事評価者研修風景」をご紹介いたします。

つばさ保育園様は、定員60名・職員数約25名で、平成6年の開園から15年の歴史があります。

今までも職員の評価制度はありましたが、評価基準の見直しを大井園長が希望されていたこともあり、当社にて「新人事評価制度の構築」をお手伝いさせていただきました。

下記の写真は、新制度説明後、評価者研修の風景となります。

17 001













17 002












当日は、通常業務終了後の17:30〜開催したにもかかわらず、皆様の活発な意見で、有意義な時間となりました。

【人事評価研修目的の一例】

・評価対象とすべき行動の取り上げ方を学ぶ
・一般的な5段階評価とした場合、評価をどの段階にすべきかがわかる
・他の評価者と自分の考え方の違いがわかる  などなど・・・


人事評価は、「賃金に反映する仕組み」との考え方が一般的です。しかしそれだでなく、評価を通じて互いの課題を明確にしながら、次期の改善活動をプロセスそのものにすることが大切です。

さらには、社員一人ひとりが「この職場で頑張っていこう」という意欲につなげていくことを目指すことも重要になります。

17 005












研修終了後、大井園長と。。。


お問い合わせはこちら
社会保険労務士法人 D・プロデュース