仕事のストレスが原因で社員がうつ病になってしまった!

あるいは、

社員が精神的に調子を崩し、仕事に支障が出てしまっている・・・。

こういうことが昨今ではめずらしくありません。職場ではどのような対応ができるでしょうか。

 医師に相談する、しばらく休養させる、仕事の負担を減らす、配置を変える・・・

などが考えられます。

ただ、これらは個々の不調者への対応については適切といえそうですが、同時に職場にいるすべての社員への対応も進めなければ同じ職場での不調者の再発を防ぐことはできないでしょう。

そこで、職場全体に対するメンタルヘルスについての取り組みについて、ぜひ、「心の健康づくり計画」を作成することを検討してみてください。

厚生労働省は、労働安全衛生法の現行の指針として、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針、平成18年3月)を示しています。

この中で、事業場におけるメンタルヘルスケアの具体的な方法などについての基本的な事項を定めた「心の健康づくり計画」の作成を求めているのです。

計画というと身構えてしまいそうですが、できることから始め、まずは、全体の意識をあげていけばよいと思います。

誰もが理解できて、かつ職場の実態に合った取り組みを行うことが大切ですので労働者の意見を聴きながら指針に沿って始めてみましょう。

次回、計画の骨格について紹介します。

 

b9e4c1ad.jpg社会保険労務士法人 D・プロデュース