来年4月1日より育児休業給付が改正・施行されます。

◆ 改正のポイント

育児休業中にもらえる給付金と職場復帰半年後にもらえる給付金が統合されます。

 育児休業給付は、現在、育児休業中に休業開始時賃金の30%育児休業基本給付金)、職場復帰して6カ月経過後に同20%育児休業者職場復帰給付金)と、分けて支給されています。

したがって、職場復帰しても6か月以内に退職した場合、職場復帰給付金は受けることができなくなってしまいます。そもそも、育児休業給付には、育児休業中の所得保障という側面があり、その機能を考えると何らかの理由で職場復帰が困難な場合などで20%の給付が受けられないのはおかしいのではとの指摘もあったようです。

 よって、今回の改正で、平成22年4月1日以降に育児休業を開始した人については二つの給付金がまとめて(50%)育児休業中に支給されることになりました。(職場復帰給付金は廃止となります)

なお、現在の職場復帰給付金は、本来10%と規定されているものです。しかし、暫定的に平成22年3月31日までは20%となっていました。今回の改正では、給付率引き上げ措置が延長されることになりましたので、上記のとおり、50%受給できることになりました。

 

b9e4c1ad.jpg社会保険労務士法人 D・プロデュース