社会保険労務士の越石です。

昨日3月5日にセミナー講師を務めてきました。

今回は、(社)かながわ福祉サービス振興会様からのご依頼により、その会員企業(神奈川県でも屈指の施設)に伺い、幹部の皆さん(約25名)にお集まり頂いた中での開催でした。雰囲気としては、通常のセミナーというよりも、企業内研修と表現したほうが正しいかもしれません。

テーマは、「公益通報者保護法の概要」についてでした。パッと聞いただけでは、社労士業務と関係がないように思えるかもしれませんが、実は密接な関係にあると考えています。

セミナー風景はこちら ↓       ↓

P1030548

P1030547

    

 

 

 

セミナーは、次の流れで進めていきました。

☆公益通報者保護法の背景

☆最近の内部告発事例

☆公益通報者保護法の概要

☆リスク管理の考え方

☆民間事業者における具体的対策

 

実は、公益通報者保護法には、2つのポイントがあります。

仝益通報者の保護

▲灰鵐廛薀ぅ▲鵐昂弍弔梁タ

上記のポイントを主に解説していきました。おそらく,砲弔い討呂翰解があると思いますが、△砲弔い討蓮意外と思われる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、特にコンプライアンス経営(労務コンプライアンス)の重要性について強くお伝えしてきました。

セミナー終了後には、「コンプライアンス経営の大切さを再認識しました」、「今後少ずつでも改善していきます」との言葉を頂くことができ、私としては、最低限のミッションは達成できたと思っています。

理事長をはじめ、多くの方が誠実で気持ちの良い方々でした。やはり組織は人が大事。今後も積極的にご支援させて頂きたいと思う越石でした。

 

                      b9e4c1ad.jpg 社会保険労務士法人D・プロデュース