829e8b7a.jpg

厚生労働省は、「名ばかり管理職」の詳しい判断基準を定めた通達を、9月9日に発表した。

管理監督者の範囲の適正化について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省HP(基発 第0909001号)

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/09/h0909-2.html

 

この通達が発表された背景には、「名ばかり管理職」の問題を断罪した司法や世論の動向が関係している。

小売・飲食業界では、人件費削減のために、チェーン店の店長を管理監督者として扱い、低賃金・長時間労働を強いてきた。

 

【小売・飲食業界の最近の動向】

  • 2005年、外食大手すかいらーくの店長の過労死が認定
  • 2007年6月、紳士服大手コナカに横浜西労働基準監督署が是正指導
  • 2008年1月、東京地裁が日本マクドナルド店長を「管理監督者にあたらない」と認める

「多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の具体的な判断要素」は、次のとおり。

管理監督者の具体的な判断要素について

 

/μ各睛董∪嫻い噺限

勤務態様

D其眦の待遇

→上記 ↓◆↓とその他要素を含めて、総合的に判断

 

 

b9e4c1ad.jpgお問い合わせはこちら

社会保険労務士法人 D・プロデュース