平成20年7月1日から最低賃金法が大幅に改正されます。

改正点は次の内容になります。

|楼菠椋把稍其發侶萃

 生活保護との整合性が指摘されていましたが、今般の改正では新たに生活保護に係る施策との整合性に配慮することとなりました。

罰則の強化

 現行法での罰則金は2万円とされていましたが、これが見直されることとなり、罰則金の上限が50万円となります(地域別最低賃金において定める最低賃金額以上の賃金を支払わない場合)。

 また、周知義務等の違反の場合の罰則金上限は30万円になります。

産業別最低賃金の決定

 産業別最低賃金については、関係労使の申出を要件として決定されるものであることが明確になります。さらに、産業別最低賃金は、地域別最低賃金で定める最低賃金を上回らなければならなくなります。

な数の最低賃金が適用される場合の取扱い

 最低賃金が競合するときは、高いほうの最低賃金が適用されます。これに違反すると最大50万円の罰金が課されます。

ズ把稍其發慮些曚瞭知磴新設

 一定の労働者(試用期間中の者など)については、都道府県労働局長の許可を受けて減額特例の扱いとなります。

η標労働者の適用最低賃金の変更

 派遣労働者については、派遣先の最低賃金が適用されます。

Ш把稍其發良充┐琉賈棆

 これまで時間額、日額、週額、月額で定められていたものが、時間額のみの表示に一本化されます。

┫篤諜ヾ悗紡个垢訖醜雉定の新設

 今般の改正により、労働者は最低賃金法に違反する事実を労働局等に申告することができるようになります。

 以上以外にも改正点がありますので、詳しく知りたい方は厚生労働省ホームページをご参照下さい。厚生労働省ホームページ

 ちなみに、神奈川県の最低賃金は現在736円、東京都739円、山梨県665円となっています。

 

b9e4c1ad.jpg社会保険労務士法人 D・プロデュース