お知り合いの会社に「労働基準監督署の調査が入った」、「労使トラブルが起こった」という話を聞いたことはありませんか?もし、これまで特に対策をとらずに役所調査やトラブルに遭遇したことがないとしたら、それは幸運なことかもしれません。

 

いざ、労使トラブルが起こると、労働者から「会社は労働基準法○条に違反しています!」、「労働基準監督署に報告します!」と言われかねません(いわゆる内部告発です)。

 

労使トラブルが起こってしまうと経営者はその対応に四苦八苦することになります。そしてその間、経営者が行うべき付加価値の高い仕事が完全にストップしてしまうことになります。この経済的損失・精神的苦痛は計り知れません。労使トラブルは、経営問題に直結する「今、そこにある危機」と言っても過言ではありません。

 

このような労使トラブルから会社を守ってくれるのは「就業規則」なのです。

 

就業規則には、次の3つの役割があります。

 

_饉劼離襦璽襯屮奪としての役割

  会社と労働者の義務を明確にし、お互いの債権、債務を明らかにすることで、安心できる雇用環境整備(会社の経営活動と労働者の労働活動の土台)としての役割

 

業務効率向上・会社発展の土台としての役割

  将来の労使トラブル予防と労使トラブルが起こっても必要最小限の労力で解決を可能にし、会社生産性が下がることを防止する役割

 

従業員のやる気を上げ、会社業績を向上させるための役割

  従業員のやる気を刺激するような様々な施策を就業規則で規定し、それを正しく運用することで結果的に会社の業績を向上させる役割

 

上記の役割のうち少なくとも ↓△量魍笋鮖っている就業規則でなければ意味がありません。

 

そこで、当社の「就業規則無料簡易診断サービス」をご紹介します。

 

次のような場合には、ぜひ就業規則無料診断をご利用頂きたいと考えています。

 

     モデル就業規則を参考に作成したけれども、これで良いのかどうかわからない、どうも不安だ

 

     自分なりに就業規則を作成したが、現在の法律と合致しているか念のため点検してほしい

 

     労働基準監督署の調査があって就業規則を変更するように指導を受けたが、どのように変更すれば良いかがわからない

 

     今の就業規則は労使トラブル予防や労使トラブルの迅速な解決ができる内容なのだろうか

 

     就業規則を変更したいけれど、判断に困る箇所がたくさんある

 

     全体的に曖昧な表現の規定が多く、解釈が変わってしまいそうだ

 

     単純に現在の法律に合致しているか点検してほしい

 

就業規則無料簡易診断サービスの内容

 

【サービス内容】

 

,海凌巴妊機璽咼垢呂△まで総括的なものです。すべての条文について内容を精査しコメントは出来ませんが、特に問題になりそうな就業規則の不備や就業規則に隠されたリスクを点検・診断致します。原則として診断結果は、電子メールで納品(PDFファイル:A4サイズ、10ページ〜20ページ)させて頂きます。

 

簡易無料診断の対象となる規程は、就業規則本則及び賃金規程に限らせて頂きます。

 

【無料簡易診断対象地域】

 

神奈川県・東京都・山梨県に本社がある会社様

*上記以外の地域からのお申込みの場合、診断料が31,500円(税込み)かかります。

 

【診断期間】

貴社の就業規則等を確認後、概ね2週間程度

 

【料金】

     無料簡易無診断対象地域(神奈川県、東京都、山梨県)に本社がある会社様は無料。

     神奈川県、東京都、山梨県以外の会社様は、31,500円(税込み)かかります

 

 

就業規則無料簡易診断お申込み方法

 

     お申込みフォームからの場合、必須事項を入力の上ご送信お願い致します。

 

  お申し込みはこちらから

 

     電子メールからのお申込みの場合、メールタイトルを「就業規則無料簡易診断申込」とした上で会社名、ご担当者名、電話番号をご入力後、ご送信お願いします。

 

     お電話でのお申込みの場合、就業規則無料簡易診断の申込みとお伝え頂いた上で会社名、お名前、連絡先電話番号をお知らせ下さい。

当社電話番号:045-226-5482 受付時間:9001800(平日のみ)

 

お申込みを頂きましたら、当社担当者から確認のご連絡させて頂きます。その際に就業規則無料診断の流れを確認・ご連絡させて頂きます。

 

 

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース