新しく会社を設立した事業主などは、本業で忙しく、なかなか労働保険や社会保険への加入手続きに着手することができないといった悩み(?)を時々耳にします。

 では、そういった事業主が故意又は重大な過失によって労働保険の加入手続きをしていない場合、どのようなペナルティがあるかご存知でしょうか?あまりご存知ない方の方が多いのが現実ではないでしょうか。

 まず、知っておいて頂きたいことは、もしも労働保険の手続きを行っていない間に労災事故が起きた場合、一応労災申請をすればちゃんと労災保険の給付は受けられます。

 しかし、労災保険給付の額の全部又は一部を事業主が負担しなければならあい場合があります。(費用徴収といった形で負担することになります。)

〇労働保険の手続きについて行政機関等から指導を受けていたにもかかわらず手続きをしていなかった時→ 保険給付額の100%が徴収されます。

〇労働保険の手続きについて行政機関等から指導は受けていないが、保険関係成立後1年を経過しても手続をしていなかった時→ 保険給付額の40%が徴収されます。

 なお、加入手続きを怠っていると、労働保険料の2年度分がさかのぼって徴収されます。さらに、追徴金として保険料額の10%が徴金されることになります。

 現在厚生労働省は未手続事業所を一掃する取り組みを積極的に行っています。労働保険の未加入の事業所に訪問等をして、加入勧奨に当っているようです。それでも未だ手続きをしない事業主に対しては強制的に加入命令が行われることもあります。

 まだ労働保険に加入していない事業主の方は、早めに手続きをすることをお勧めします。

 お問い合わせはこちら

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース