桜も散りゆくこの季節、4月も半ばになろうとしています。

 4月といえば、入学・入社が思い浮かびますね。皆様の会社には、新入社員は入りましたか?

 会社が新入社員に最低求めているものに、「社会人マナー」がありますよね。新入社員の人は、挨拶・電話応対などいろいろな教育研修を受けて、学生気分がそろそろ抜けてきたのではないでしょうか?

 本日の朝日新聞に面白い記事がありましたので、ご紹介したいと思います。それは、「経済産業省と厚生労働省が若者の職業能力を測る指標作りで張り合っている」という内容です。  具体的には・・・

  • 経産省 ・・・ 大学で学ぶ「社会人基礎力」 

 経済省は今年度から「社会人基礎力」の育成に取り組む大学への助成を始めたとの事。

  • 厚労省 ・・・ 短期の講座で習得する「就職基礎能力」

 専門学校などの講座や試験を認定し、修了後厚労省名の能力証明書を交付しているとの事。

 さてさて、私は新入社員に求めているのは「笑顔」と「元気」ですね。基礎能力というのは会社でも十分に教えられますし、その会社独自のカラーを反映させるためにも、入社してから教育したほうがよろしいのではないでしょうかね?

 何と言っても、新入社員に「笑顔」と「元気」があれば、組織は活性化すると思うのですが・・・

 皆さんは、どうお考えですか?

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース

飯田