今年の4月から厚生年金保険絡みの改正がいくつか実施されます。簡単にご紹介します。

 1、離婚時における分割

  平成19年4月以降に成立した離婚については、婚姻期間中の厚生年金の保険料納付記録(標準報酬月額・標準賞与額)を夫婦合意のもと、50%を上限に分割することができるようになります。

 2、老齢厚生年金の繰下げ支給

  平成19年4月以降に65歳に到達する人は65歳から支給される老齢厚生年金を66歳以降の希望するときに繰下げ支給の申し出をすることができます。これにより本来の年金額に加算がされた額が受け取れるようになります。

 3、年金の支給停止

  本人の申し出により、年金全額の支給停止ができるようになります。

 4、70歳以上の在職老齢年金

  平成19年4月1日以降に70歳に到達する就労者は現在の在職老齢年金と同じく、賃金と年金の合算額による支給調整がされることになります。ただし、厚生年金の保険料の負担はありません。

 5、遺族年金の見直し

  65歳以上の遺族年金について、本人の老齢厚生年金が全額支給され、現行遺族厚生年金の差額が遺族厚生年金として支給されます。

 

 今後改めて詳しい解説をしていきたいと思います。

お問い合わせはこちら

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース