今国会の争点のひとつである「雇用改革ルール」が、迷走しています。

個別労働契約法から始まり、ホワイトカラー・エグゼンプションや残業代の引き上げなど、経営者・労働者共に気になるところだと思います。

雇用制度改革、主な法案提出の行方を、まとめてみましたのでご参照ください。

内 容

改正項目の見通し

労働基準法改正案

残業代の割増率引き上げ

企画業務型の裁量労働制拡充

労働時間規制の適用除外制度

×

労働契約法案

採用、出向、転籍などのルール 明確化

 

解雇の金銭解決制度

×

最低賃金法改正案

生活保護とのバランスを考慮した最低賃金額の見直し

パートタイム労働法改正案

正社員並みパートへの差別的待遇の禁止

今後も、国会の動向をお届けしていきたいと思います。

 

ロゴお問い合わせはこちら

社会保険労務士法人 D・プロデュース