平成18年9月分(10月納付分)から保険料が改正されます。

 これは平成16年の年金制度の改正において、平成16年10月分から毎年引き上げられていることなので、ビックリするようなニュースではありません。

 毎年0.354%(坑内員・船員については0.248%)ずつ引き上げられて、最終的には平成29年9月以後は18.3%に固定されることになります。

 今回変更される保険料は、平成18年9月分(10月納付分)〜平成19年8月分(9月納付分)のものです。

  •  一般の被保険者のケース

     現行14.288%→平成18年9月から「14.642%

  •   坑内員・船員の被保険者のケース

     現行15.456%→平成18年9月から「15.704%

    *共に厚生年金基金の加入員は除きます。

  給与計算事務を行っている担当者の方は十分気をつけて処理をしてください。また、社員から控除する自己負担額も当然変わってきますので、対象社員への通知も忘れずに行いましょう。

  毎月の給与計算処理を負担に感じられている会社は、当社へご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース