解雇とは、使用者側の一方的な意思表示による労働契約解消手続きのことを言います。ちなみに労働者側からの一方的意思表示によるものは、退職といいます。

 現在、労働トラブルの中で一番相談件数が多い内容が、この「解雇」の問題です。合意退職(双方の合意による労働契約の解消)であれば、特に問題は起こりません。なぜなら、事務手続き上、労働者側が退職願を提出し、会社側がこれを了承するという非常にシンプルな法律行為のためです。

 しかしながら、実際問題ではこの合意退職ではない「使用者側からの一方的な意思表示である解雇」が非常に問題となっています。

 なぜならの問題の中には、労働問題だけでなく、人間関係に関するトラブルや金銭トラブルが内在しているからです。

 このような解雇問題を和解で解決できるのであれば、まだ良いほうでしょう。泥沼の訴訟問題に発展するケースも少なくありません。

 将来いざ問題が起こった際に、このような深刻な事態に発展させないためにも企業はリスク回避を常日頃から心がけをしておきたいものです。

 トラブル発生の予防は人の雇い入れの段階から始めることがポイントであり、このタイミングがとても重要になってきます。これまで我々が携わってきたトラブルを振り返ってみると、実は経営者の認識不足により通常防止できる問題までをトラブルに発展させてしまうケースが多いようです。

 いずれにせよ、と人のつながりがうまくいくことが、企業発展への近道であることには間違いありません。

 当社では、様々な事例を取り上げながら、企業発展につながるコンサルティングを行っていますので、人の採用から退職までのトータル的な人事労務諸問題に関心がある経営者の方は、ぜひご連絡ください。参考資料をご送付しております。

 

 お問い合わせはこちら

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース