健康診断の意義目的

 

 健康診断の目的は労働安全衛生法の定めに従い、会社の安全配慮義務の一環として社員の健康状態を把握し、その結果により社員に対して適切な就業における配慮を行うことです。

 

 またその意義は、社員の健康な生活の確保と会社にとっては事業運営上のリスク管理の一部といえます。

 

 一概に安全配慮義務といっても、具体的に会社は何をすればよいのでしょうか?

 

 健康診断実施後に、未受診者のへのフォロー・結果の受領・社員への通知・異常所見の有無チェック‥、会社としてやるべきことはたくさんありますが、健康診断実施後の診断結果から社員個人個人が、具体的に何を気をつければよいかをご案内します。

 所見内容からの改善アドバイスが分かれば、会社にとっての安全配慮という観点からも、役立つことでしょう。

 

〜 肥満 〜

 

 肥満になると体に負担がかかり、糖尿病や循環器病など様々な生活習慣病を引き起こす温床となります。適正体重を目指すようにしてください。

 

  あなたのBMIは?(BMIとは肥満度を示す指数です。) 

     BMI=体重()÷身長()÷身長()

        

 
             

   

 
      BMI判定  ・18.5未満      やせ

             ・18.5以上 25.0未満 適正体重 

                ・25.0以上      肥満

 

 

 生活改善アドバイス!!

1.       腹八分目を守り、ゆっくり噛んで食べる。

 

2.       野菜中心の献立にする。

 

3.       間食・お酒はほどほどに。

4.       適度に運動する

5.       週一度は体重チェックを。

 

ロゴお問い合わせはこちら

社会保険労務士法人 D・プロデュース