今の時代、多くの会社ではパートタイマーを雇用して人件費削減や効率化を進めています。正社員よりもパートタイマーの割合の方が大きいという会社も少なくはありません。

 今回は、パートタイマーに対して正社員と共通の評価・資格制度や短時間正社員制度の導入・能力開発などを行った場合に事業主が助成金を受給できるケースをご紹介します。

 \擬勸と共通の処遇制度の導入→50万円

 ▲僉璽肇織ぅ沺爾稜塾蓮職務に応じた処遇制度の導入→30万円

 正社員への転換制度の導入→30万円

 っ算間性社員制度の導入→30万円

 ザ軌薹盈の実施→30万円

 Ψ鮃診断・通勤に関する便宜供与の実施→30万円

 

 .僉璽肇織ぅ沺爾了纏や能力に応じた処遇について、正社員と共通の評価・資格制度を設けた上で、実際にに格付けされたものが1名以上出た場合

 ▲僉璽肇織ぅ沺爾了纏や能力に応じた評価・資格制度を設けた上で、実際に格付けされたものが1名以上出た場合

 パートタイマーから正社員への転換制度を設けた上で、実際に転換者が1名以上出た場合

 っ算間正社員制度を設けた上で、実際に短時間正社員が出た場合

  「短時間正社員」 とは

     ・正社員と比較して1週間の所定労働時間が短いこと

     ・労働契約の期間の定めがないこと

     ・時間当たりの基本給が、同様の業務に従事する正社員と同等以上であること

 ダ擬勸との均衡を考慮した教育訓練をパートタイマーに述べ30名以上実施した場合

 上のいずれかのメニューで助成金を受給した事業主がパートタイマーの健康診断または通勤に関する便宜供与の制度を設けた上で、その利用者が1名以上出た場合

 

                                  ロゴお問い合わせはこちら

社会保険労務士法人 D・プロデュース