セクハラに関するトラブルの問題点

  セクハラに関するトラブルは、労使トラブル全体に占める割合としてはさほど大きなものではありません。しかしながら、セクハラは女性の心理的被害が大きいため裁判にまで発展するケースが多く、多額の慰謝料が請求されるのもありますので、会社として、無視できない問題のひとつとなっています。

  それではどのような行為がセクハラに該当するのでしょうか?

 結論から言うと「明確な判断要素」は確立されておりません。しかし、判断要素のポイントはあります。それは・・・

  1. 勤務中であるかどうか
  2. 職位上の地位を利用したものであるかどうか

 という事です。

 具体例としては、次に示す言動・行動はセクハラに該当する可能性が高いと言われています。

 セクハラ言動例

 

社内

社外

「女に仕事は任せられない」といった性的差別に結びつく発言

カラオケでデュエットを強要すること

「女の子」「お嬢ちゃん」「おばさん」等、人格を認めないような呼び方

宴会等の酒席への参加を強制すること

 

 ヌードポスター等の貼付

宴会等の酒席で上司の側に座席を指定したり、お酌等を強要すること

雑誌や新聞等の卑猥な写真を見せつけること

身体を執拗に眺め回したり、不必要に身体を触ること

スリーサイズ等、身体的特徴の話題

聞くに堪えない卑猥な冗談

性的な経験や性生活の話題

性的な関係を強要すること

食事やデートにしつこく誘うこと

性的な内容の電話・手紙・E-メールを送ること

 いずれにしても、対象者が不快を感じればセクハラとなります。性的な言動に表面上は応じていたとしても内心では望んでいないこともあり、このような場合はセクハラと認められるケースが増えています。

 後は、社員教育をすることはもちろんのこと、セクハラに該当する可能性が高い言動については、その都度注意することによって社員の意識付けを改善する習慣が必要になってくるでしょう。

 

お問い合わせはこちら 社会保険労務士法人 D・プロデュース

ロゴ