社会保険労務士法人 D・プロデュース 給与計算 就業規則 保険事務

事務局日記

2013年02月

2013年02月28日

日常観察


つい先日まで、

空気の冷たさを感じていましたが、

本日はポカポカ陽気。

春の到来を予感させます。



昨日までは、

寒さに縮こまりながらの関内ランチでしたが、

本日は散歩を楽しむかのような定食屋までの道程。

久しぶりに中華街へ行ってきました!

CIMG6520
















暖かかったからなのか、

人が増えたような...

気がします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2013年02月26日

第8回Dプロミーティング(計12回)


 第8回:2013年2月25日 17:00〜19:15


先日、

Dプロ事務所内にて、

ミーティングを開催しました。

年末年始の繁忙期には、

まとまった時間が取れずに、

しばらく休眠中でした。。。 

CIMG3844


今回は、

弊社の「ミッション・バリュー・ビジョン」に関して、

再度まとめるところから始めました。

立派なBSC(バランス・スコア・カード)を設計しても、

いざ実行となった場合に、

一同の足並みがそろっていなければ、

最大効果を享受できないばかりか、

生産性の低下を招く結果になりかねないためです。



というわけで、

ミッション・バリュー・ビジョン」のたたき台を手元に、

皆で討議を行いました。

MVV


















ミッション」は、弊社ホームページトップに掲載している内容となります。

私たちは、経営者の皆さんやそこで働く人々とのコミュニケーションを大切に、効率的経営、より良い企業風土、安心して働ける労働環境構築の実現を目指します。Development、Design、Dreamのプロデュースを致します。
 


ビジョン」は、将来の「望ましい姿」を表すもの。

えぇ。。。色々あります。

もちろんいい意味でです!


バリュー」は、どのような価値をお客様に提供できるかを表すもの。

「お役立ち」とも換言できるかと思います。

「バリュー」については、かなり議論が白熱しました。

具体的に文言に落とし込むまでに結構時間をかけました。



そんなこんなで、

なんとか「ミッション・バリュー・ビジョン」を、

固めることができました。 



そして、

ようやくBSC作成に着手。

今回は「財務の視点」に関して、

CSFKGI & KPI を検討しました。


CSF:Critical Success Factor
    ⇒主要成功要因
     (http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/csf.html

KGI:Key Gaol Indicator
    ⇒重要目標達成指標
     (http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/kgi.html

KPI:Key Performance Indicator
    ⇒重要業績評価指標
     (http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/kpi.html


※横文字を漢字にしてみても、覚えにくいですねぇ〜。。。


KGI&KPI@財務
















※KGI & KPI を必達するためにしなければならないこと、
 つまり具体的実行項目も考えなければなりません。
 やること山積みです。。。


この検討を通して、

感覚として抱いているモノを、

具体的数値として表すことができました。
(例.問い合わせ件数と成約件数など)

また、

各要素に対して、

どの程度重視しているのかといったレベル感を、

相互に知ることができました。

とても有意義な時間であったと思います。



残り4回〜5回のミーティングで、

BSCを完成させます。

そのためには、

各自事前に宿題をこなし、

積極的に意見をぶつけ合う姿勢が求められます。

また、それをファシリテートすることも重要となってきます。

そのあたりを考慮しつつ、

仕掛け人は準備したいと思います。

プロフ写真




  山下 典明



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    


2013年02月25日

日常観察


約2年前の春、

都内某所の大学院に入学。

3.11の直後であり、

今後どうなるのかなといった不安を抱きながらの入学でした。



付近には「赤坂プリンスホテル」があります。

しかし、このホテル、閉鎖することが決定していました。

どんな解体作業になるのだろうか、

疑問に感じていました。

外国みたく「ドカーン」と、

ダイナマイトで一気に崩すことはないだろうし。。。



しばらくすると、

3.11で被災した方々の一時避難場所として、

しばらく利用されることが決定。

グッドアイデアですね。

近隣には被災者の方々の姿がみられました。



その後、

解体作業着手となりました。

ダイナマイトでドカ〜ンではありません。

景観を意識した特殊な技法で、

解体作業を進めています。
 ⇒ http://bluestyle.livedoor.biz/archives/cat_50041607.html



オープン当時の様子は分かりませんが、

華々しくオープンしたであろう「赤坂プリンスホテル」、

その去り際も見事なもの(?)です。



時間の経過と共に、

良くも悪くも色々変わるんだなぁ〜と、

解体作業中の「赤坂プリンスホテル」を見て思った次第です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2013年02月22日

某分科会に参加しました


『人前で話す!


昨日(2月21日)、

六本木ヒルズの森タワー39Fで開催された、

某分科会(※SNS関連)に参加しました。

スタッフの方を含め、

約70名の方が参加していました。

roppongi
















社内SNSを利活用、

そして推進していくにあたり、

どのような成功例・失敗例があるのかなど、

パネルディスカッション形式で約2時間討論しました。



討論の中身が最も重要な要素だとは思いますが、

ファシリテーターやパネラーの皆様の喋り方や魅せ方にも釘づけでした。

上手な人は、

声の出し方や間の取り方、

話す順番などが抜群です。

聴いていて全くストレスがありません。



人前であのように語ることができれば「格好いい!」、

すぐにはできないでしょうが、

気付いたことを少しずつでも取り入れ、

実践していきたいと思います。


(スタッフY)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行.jp   ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援.jp ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正.jp ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2013年02月19日

ワーク・ライフ・バランス


『ワーク・ライフ・バランス


「ワーク・ライフ・バランス」という言葉が聞かれるようになったのは、

いつ頃でしょうか?

Web等で調べていますと...

1980年代の米国で生まれたモノとの記述があります。

約30年前ということになります(現在:2013年)。



この度、

政府広報オンラインで、

「ワーク・ライフ・バランス」が取り上げられています。

イラスト入りの解説、

グラフで見る「ワーク・ライフ・バランス」、

実践例等も記載されているようです。



言葉は聞いたことがあるけれども、

何なのか?

ご興味のある方は、

下記リンクを一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。



 政府広報オンライン
 ⇒ http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/201302_02/index.html




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行.jp   ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援.jp ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正.jp ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2013年02月18日

雇用調整助成金の特例の終了します 平成25年3月31日

雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用を維持するために、労働者に休業、教育訓練または出向をさせた場合に、休業手当などの事業主負担相当額の一定割合を助成する制度です。

この助成金については、これまで、円高の影響を受けた事業主については、以下の特例による生産量要件を適用していましたが、この特例要件は、平成25年3月31日をもって終了することとされました。

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/20130215-1.pdf

<特例による生産量要件>
経済上の理由により、最近1か月の生産量、売上高などがその直前の1か月又は前年同期と比べ、原則として5%以上減少している、又は減少する見込みであること。
従って、平成25年4月1日以降に助成金の対象期間を設定する(利用を開始する)場合は、すべての事業主について、以下の本来の生産量の要件を満たす必要があります。
<本来の生産量要件>
経済上の理由により、最近3か月の生産量、売上高などが前年同期と比べ、10以上減少していること。



2013年02月08日

【書籍紹介】下町ロケット


『第145回直木賞受賞作品


約2年程前に出版された書籍、

「下町ロケット(池井戸潤)」。

弊社マネージャの推薦図書、

手に取ってみました。

下町ロケット下町ロケット
著者:池井戸 潤
販売元:小学館
(2010-11-24)
販売元:Amazon.co.jp


Facebookで「これ、読みます!」と発信すると、

絶対にはまるよ!

夜、読み始めない方がいいよ!

などといったコメントが寄せられ、

一気に期待度うなぎ昇り

そして、

読み始めると、

案の定、

止まりません

止められません。

次のページが気になって仕方がありません

確かに夜読み始めると危険です。



物語は、

中小企業と大企業の特許をめぐる攻防を軸に、

展開していきます。

巷のサラリーマンの喜怒哀楽、

現実と理想、

物語の中に完全に引き込まれます。

読んでいて、

不覚にもジワッと涙が...。



もしお手に取ったことが方がいらっしゃいましたら、

機会のある際に読む書籍として、

候補にしてみてはいかがでしょうか。

おススメです!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行.jp   ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援.jp ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正.jp ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2013年02月07日

派遣労働者雇用安定化特別奨励金


平成25年3月31日で終了


派遣労働者雇用安定化特別奨励金

当初の実施期間は、

「平成21年2月6日 〜 平成28年3月31日」でしたが、

今年度(平成25年3月31日)で終了となるそうです。


助成金の内容については、

下記リンクにてご覧下さい。

 以前のDプロブログ

 厚生労働省による発表記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    


2013年02月06日

商業界3月号(弊社飯田執筆)


『商業界3月号に弊社飯田の記事が掲載されました!


株式会社商業界の月刊誌「商業界」に、

弊社飯田の記事が掲載されました。

題目は「労務トラブルを回避する募集・採用の法令順守のポイント」です。



雇用のミスマッチを防ぎ、

パート・アルバイトの定着率を上げる。

当然そこには法令遵守が求められます。

本稿では、

無用な労働トラブル回避へ向けた、

労働基準法に沿った募集・面接のポイントを、

記しています。

是非とも参考にしていただければと思います。

※具体的内容は...書籍をご購入頂ければと思います。


DSCN0479

書店等で見かけた際は、

是非ともご一読頂ければと思います。

ページは...p.58〜p.63です。

DSCN0476

DSCN0478


今回の執筆内容、

目次程度のものを以下に記します。

はじめに
募集から採用までの流れ
 1.採用選考
 2.内定
 3.内定取り消し
 4.試用期間
 5.本採用拒否
 6.採用
雇用契約書に書くべきこと
労働基準監督署の調査対応
 1.定期調査
 2.申告調査
 3.災害調査
パート・アルバイトは何を求めているか

図表
 〆陵僂泙任領れ
 ⊇業規則への記載例
 質問してはいけない項目
 て眥蠎茲蠑辰靴繁楮陵儺馮
 ハ働条件の明示項目
 Ω柩儼戚鷭颯汽鵐廛
 労働基準監督署の調査に対応した事前チェックシート(簡易版)



募集・採用に関して、

お困りのことなどございましたら、

お気軽にお問い合わせ下さい。

飯田さん顔写真
  飯田 剛史



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    


2013年02月05日

インフルエンザの脅威から学ぶ


『脅威への対策から得た恩恵


朝出社すると、「手洗い・うがい」。

インフルエンザ対策です。

それと同時に、

何かスッキリするような気もします。

静電気対策にもなっているからでしょうか?

思い返してみると、

パチパチ君の頻度が下がったような気がします。



昼食後は、「歯磨き・洗顔」。

虫歯予防美顔(?)対策です。

間違いなくスッキリします!

朝同様、静電気対策になっています。

歯磨きをすると、

脳を活性化させてリフレッシュする効果があるそうです。

これは、

科学的にも実証されています。

 歯磨き行動の脳への作用を研究(花王株式会社)
 ⇒ http://www.kao.com/jp/corp_news/2010/20100114_001.html



夜帰宅すると、「手洗い・うがい・洗顔」。

とてもスッキリします。



インフルエンザの脅威に怯える一方で、

プラスの効果も享受できていることに、

何か嬉しさを感じていたりします。



かなり強引ですが...

脅威は放置しておくと脅威のままであり、

手の付けられない状況になりがちです。

企業であれば、

経営状況を逼迫させる引き金になりえます。

脅威に対して施策を打ち

状況を打破することで、

新たな機会創出につながる可能性が高まります。

企業であれば、

ビジネスチャンスを掴むことや、

競争優位性の獲得につながる可能性が高まります。


※以前、掲載した記事における図解
クロスSWOT


多少なりとも視点や立ち位置を変えてみると、

対策への動機づけが促されると思います。



「インフルエンザ」という脅威、

これを違う視点でとらえることで、

様々な気付きや、

本日のブログ記事を執筆することができました!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横浜の社労士「D・プロデュース」

D・プロデュースの総合サイトはこちら

D・プロデュースの専門3サイトはこちら
 ◆給与計算代行 ⇒ http://calculation.d-produce.com/
 ◆就業規則作成支援 ⇒ http://regulations.d-produce.com/
 ◆人事労務制度改正 ⇒ http://labor.d-produce.com/

D・プロデュースFacebook
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    


  1. お問い合せ -inquiry-
  2. オフィシャルブログ -official blog-

最新情報を会員様へお届け!無料メルマガ登録

Dプロデュースが運営する企業・人事総務担当者様向けメルマガ登録(無料)!労働法・社会保険の最新ニュースをお届けします!





>>利用規約を読む

SPR認証

当社は全国社会保険労務士会連合会より個人情報について適切な取り扱いが行われていることの認証を受けています。

■ 当社プロフィール
■ エキスパートプロフィール
越石 能章(こしいし よしあき)
越石 能章(こしいし よしあき) 労苦と使命の中にのみ人生の価値(宝)は生まれると考えています。誠実をモットーに、士業の枠にとらわれない総合的な経営支援を展開します。
続きはこちら
飯田 剛史(いいだ たけし)
飯田 剛史(いいだ たけし) 「努力は人を裏切らない」「志は高く持つ」を信条とし、常に未来を見据え、企業と従業員の皆さん双方が幸せになる提案を行います。
続きはこちら
■ 月別アーカイブ
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加