社会保険労務士法人 D・プロデュース 給与計算 就業規則 保険事務

事務局日記

2007年10月

2007年10月25日

来年の雇用保険料率は据え置きに

 来年度(2008年度)の雇用保険料率が据え置きになるとの厚生労働省方針が出ました。

 景気回復に伴って、雇用保険の財政が改善されたこともあり、2007年度は雇用保険料率は引き下げられましたが、厚生労働省が法改正なしで変更できる料率の下限にあるため据え置くことになったようです。

 今年度は、国会がゴタゴタしたこともあって、雇用保険料の徴収処理で苦労した事業主も多かったと思いますが、来年度はひとまず安心ですね。

 お問い合わせはこちら

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース



2007年10月24日

行列のできる相談所 〜人事・労務・税金の疑問をズバッと解決!〜

みなさん、おはようございます。社会保険労務士の飯田です。

先日の 10月16日(火) 13:30〜16:30  横浜メディアビジネスセンター 7F(財団法人 横浜企業経営支援財団 会議室) にて、

行列のできる相談所 〜人事・労務の問題をズバッと解決〜 を行いました。

このセミナーは、横浜ベンチャーポート(横浜市経済観光局経営・創業支援課)主催によるものです。

当日のセミナー風景をご紹介いたします。

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→参加社労士の4名です。

 

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→当社 代表 越石です!一問一答のトークセッション風景ですね。

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→同じく、わたし(飯田)です!

 

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→和やかな雰囲気でしたね。

 

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→あれっ?その質問鋭かったかな!!

 

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→いやいや!「このケースはね、こうやればよいですよ。」 そんな声が聞こえてきそうですね。

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→私、皆さんの前での風景・・・です。少しでも役立つ情報をご紹介できたかな!?

行列のできる〜 セミナー風景 

 

 

→「社会保険料削減のポイント」をご紹介した風景です。人件費管理は重要ですよね。

 

3時間という長丁場でしたが、このような形で進みました。

少しでも皆様のご参考になれば、うれしいですね。

ロゴ社会保険労務士 飯田 剛史

社会保険労務士法人 D・プロデュース



2007年10月18日

はじめまして (佐藤)

10月15日から勤務することになりました佐藤と申します。

今日はとても天気がよく気持ちよかったので、会社の近くで日向ぼっこをしながら

お昼を食べました。きっと一年中で一番いい季節ですね。。

憧れのお仕事をはじめることになり気合入れて頑張りたいと思います!

皆さん宜しくお願いします。

 

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース

佐藤



2007年10月16日

パワハラで初の労災認定

 昨日(2007.10.15)、上司の暴言を原因とする労働者の自殺を初めて労災と認める判断を東京地裁が示しました。

 いわゆるパワーハラスメント(職権を利用した嫌がらせ)などによるメンタルヘルス不全を引き起こした労働者がうつ病を発症したり、最悪の場合には自殺するケースがここ数年急増しています。

 上司の言動がパワーハラスメントに該当するかの判断は非常に難しいところです。しかし、それらが指導上の範囲であると相手に受け止めれるかどうかは、普段のコミュニケーションがどのようであったかが重要なのではないかと思います(信頼関係とも言えるでしょう)。

 しかし、今回のケースの「お前は給料泥棒だ!」、「存在が目障りだ!お願いだから消えてくれ!」などといった言葉は、指導上の範囲を超えています。そこに信頼関係は見てきません。

 メンタルヘルス不全の原因は、仕事のみならず、家庭問題、健康問題、その他様々ありますが、その多くは人間関係によるものです。そして企業は職場の人間関係を含めた労働環境に十分な配慮をしなければなりません。

 企業は人なり、と言われます。企業の成長にとって人材は最も重要なものの一つであり、優秀な人材を継続して確保することが重要です。また、人を大切にしない企業は一時的に発展することは出来ても、継続的に発展していくことはできません。 

 メンタルヘルス問題で実際に苦しんでいるのは当の本人ですので、最終的には本人の問題となります。しかし、その原因を作った側の責任もあるわけですので、回復に向けてできるだけ支援し、再発を防止する手立てを講じる必要があります。

 益子

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース



2007年10月12日

石綿健康管理手帳の交付要件改正について 〜平成19年10月1日より〜

労働安全衛生規則の改正により、石綿業務に従事した離職者を対象とする健康管理手帳の交付要件が平成19年10月1日より変わります。

これにより、一定の石綿作業従事歴のある方も健康管理手帳の交付の対象となります。

石綿健康管理手帳の交付要件改正について

 

→ 石綿作業に従事していたか分からない方はこちらへ

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/sekimen/roudousya2/index.html/

 

 

 

※健康管理手帳とは・・・

 石綿を製造し、又は取扱う業務に従事していた方については、将来、肺がんや中皮腫などの健康被害が生じる恐れがあります。これらの疾病については、石綿にさらされてから発症までの期間が非常に長く、離職後に発症することが多いため、健康管理手帳制度を設けて、離職後の健康管理を行っています。

 健康管理手帳の交付を受けると、労災病院をはじめとする、指定された医療機関で決まった時期に、健康診断を6ヶ月に1回、無料で受けることができます。

ロゴお問い合わせはこちら

社会保険労務士法人 D・プロデュース



2007年10月11日

商業界11月号 〜小さなお店の労務管理〜

皆さん、おはようございます。

社会保険労務士の飯田です。

さて、本日はお知らせです!

商業界11月号に、私の執筆記事が掲載されております。

商業界 2007.11 表紙

 

→【商業界】は、創刊50年を超える商業人向けの老舗 総合情報誌です。

  創業者の倉本長治氏は、

    ○「店はお客様のためにある」

    ○「損得より先に善悪を考えよう」

  などの経営理念を伝えています。

 

 

商業界 2007.11 小さなお店の労務管理

 

→執筆記事です。

〜小さなお店の労務管理〜

 ○会社をまとめるために必要な3つの能力

 ○法令順守のために最低限必要なこと

 ○労務管理からみる個人・法人の違い

 

 

より多くの皆様にご理解いただけるように、できるだけ分かりやすい言葉で、そして他社の事例を盛り込みながら、執筆させていただきました。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

ロゴお問い合わせはこちら

社会保険労務士 飯田 剛史



2007年10月05日

協調性不足の社員への措置

おはようございます。社会保険労務士の飯田です。

本日は、人事労務問題についてご紹介したいと思います。

協調性不足の社員措置について、経営者の皆様はお悩みになられたことはございませんか?

能力不足や勤務態度不良については、普通解雇事由に該当することはよく言われていますよね。それでは、協調性不足の場合はどうでしょうか?

私は、協調性不足も普通解雇事由になると考えます。多くの企業では、人事考課に「協調性」という項目があるはずです。

人事考課の仕組みがない企業でも、仕事をチームで行い成果を達成すると考えるのであれば、協調性が重要であることは容易に想像できますよね。

要するに、労務提供における成績、能力の問題と同様に、協調性も議論されているわけなのです。

とは言うものの、いざ普通解雇をする時には、段階を踏まなくてはいけません。就業規則などで、事前に会社のルールが明確になっていることも必要となります。

継続的な労務提供ができないということだけで、普通解雇することは難しいでしょう。問題社員の協調性不足を是正するための手続き(措置)が必要になってきます。

一例として、中小企業の場合のポイントをご案内いたします。

  1. 協調性がないと判断される
  2. 配転先がある場合は、配転して改善の機会を与える
  3. 配転先がない場合は、その都度注意・指導を行う
  4. 1.の理由(ないと判断される理由)や注意・指導内容は必ず記録にとどめておき、内容が主観的になっていないことを確認する。

労働紛争での事由で、ダントツに割合が高いのが「解雇問題」です。

経営者のリスク管理が問われる時代になっているのは確かなようですね。

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース

社会保険労務士 飯田 剛史



2007年10月02日

最低賃金の改正(平成19年10月19日)

 平成19年10月19日から最低賃金が改正されます。

 神奈川県の地域別最低賃金は736円となり、現行の717円から19円のアップとなります。

 この最低賃金は、正社員のみならず、パートタイマーやアルバイトにも適用されますので、ご注意下さい。(ただし、産業別最低賃金が適用される方は除きます。)

 ところで、対象から外れている賃金があることはご存知ですか?

 最低賃金適用は、毎月支払われる基本的な賃金が対象となっていて、次のものは対象外です。

 \些Ф仄蠹

 通勤手当

 2搬下蠹

 1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

 セ間外、休日労働に対する賃金、深夜割増賃金

 

 最低賃金の計算については、時間給の方については分かりやすいのですが、月給者の方については見落としがちなので、注意が必要です。営業手当などであらかじめ毎月一定時間分の残業代を固定で支払っている場合などは、特に注意して下さいね。

 お問い合わせはこちら

ロゴ社会保険労務士法人 D・プロデュース

 



2007年10月01日

D・プロニュース 10月号

皆さん、おはようございます。社会保険労務士の越石です。

 

これまで、起業家、ベンチャー企業のためのトークライブ講座に講師として参加しますとご案内してきましたが、いよいよ開催日が近づいて参りました。まだまだお申込みに間に合います。ぜひ、開場で会いましょう!!

 

「 人事・労務・税金の疑問をズバッと解決!

新進気鋭!若手法律家による

行列のできる相談所      」

 

*法律家同士、お互いに威信をかけた真剣ガチンコ勝負!ここでしか聞けない価値ある生の情報を提供、絶対得する最新情報も多数飛び出しますので、乞うご期待!

 

当社からは、私、越石と飯田も参加します。セミナー終了後は、講師、参加者間の交流タイムもあります。

詳しくは→http://www.d-produce.net/archives/2007-08.html#20070831

 

会場:横浜メディア・ビジネスセンター7階(財団法人横浜企業経営支援財団 会議室)

日時:10月16日 13:30〜16:30

費用:1,000円(資料代、税込み)

主催:横浜市経済観光局&横浜ベンチャーポート 所長 野竿 達彦

お申込みはこちらから:http://www.ventureport.jp/

 

 

■今月のお知らせ ■

 

皆様の会社では、「アウトソーシング」を利用・活用していますか?

 

アウトソーシングの本来の目的は、「本業に経済面から人材まで集中投下する」ことが目的だとよく言われます。しかしながら、各企業さまの諸事情によって、利用目的は様々です。特に、経営者から社員まで幅広くかかわり、またデリケートな部分である「給与計算・賃金決定」においては、目的はケース・バイ・ケースであり、さらにアウトソーシングの利用が多いのもこの分野ですね。

 

そこで、D・プロでは、「給与計算アウトソーシングの薦め!!」と題して、いろいろな他社の活用例から、利用メリット・デメリットの紹介、さらには、気になる金額(委託料)までご案内しております。

 

資料請求も随時受け付けておりますので、気になる方はこの機会にぜひお申込みください。

詳しくは → http://cms.blog.livedoor.com/cms/article/edit?blog_id=1179259&id=50715618

 

 

 

■D・プロニュース 目次■

さて、今回の「Dプロニュース」の目次をご案内いたします。

 

Dプロニュース」

D?          

 

    ・若年者の職場定着率をアップするには?

?           ・外国人雇用のルールが変わります!

?           ・製造業の「偽装請負」防止へガイドライン

?           ・当事務所より一言(編集後記:越石)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  Dプロニュース」に、ご意見・ご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします。ニュースが、御社の経営をお考えの際の一助になれば幸 いです。

 

■編集後記■

 

912日〜917日まで遅い夏休みを頂きました。話のネタと考え、ちょっと無理して噂のホテル「リッツカールトン(東京ミットタウン)」に行ってきました。お陰で本格的な冬が来る前に一足先に(懐が)寒くなってしまいました。懐が寒くなった引き換えにたった1日でしたが最高にリッチな気分になりましたよ。夢心地でしたね。小心者の私は、雰囲気に慣れないせいか逆に疲れてしまうこともあったりしましたが・・・・

とはいえ、やっぱり良かったです。何がいいって?それは、いろいろありましたよ。

 

まず、スリッパが違う。フカフカの絨毯を履いているようでとても心地良かったです(結構びっくりしました)。私などは喜んでいましたが、女房殿は、履くのが勿体ないとのことで、きれいに梱包してお持ち帰りの準備をさっさと始めてしまったほどです。庶民感覚抜群の女房殿に感心・寒心といったところか・・・他にもいろいろお伝えしたところですが、文字数の関係で次回(来年1月)に続く・・・

 

 

ロゴご意見・ご要望・配信の申込はこちら

 

社会保険労務士法人 D・プロデュース

 

 

 



  1. お問い合せ -inquiry-
  2. オフィシャルブログ -official blog-

最新情報を会員様へお届け!無料メルマガ登録

Dプロデュースが運営する企業・人事総務担当者様向けメルマガ登録(無料)!労働法・社会保険の最新ニュースをお届けします!





>>利用規約を読む

SPR認証

当社は全国社会保険労務士会連合会より個人情報について適切な取り扱いが行われていることの認証を受けています。

■ 当社プロフィール
■ エキスパートプロフィール
越石 能章(こしいし よしあき)
越石 能章(こしいし よしあき) 労苦と使命の中にのみ人生の価値(宝)は生まれると考えています。誠実をモットーに、士業の枠にとらわれない総合的な経営支援を展開します。
続きはこちら
飯田 剛史(いいだ たけし)
飯田 剛史(いいだ たけし) 「努力は人を裏切らない」「志は高く持つ」を信条とし、常に未来を見据え、企業と従業員の皆さん双方が幸せになる提案を行います。
続きはこちら
■ 月別アーカイブ
■ 最新コメント
■ 最新トラックバック
このBlogをチェッカーズに追加 このBlogを
チェッカーズに追加
このBlogをリーダーに追加 このBlogを
リーダーに追加